AGA治療の費用を抑えるために

AGAの治療費用を抑えて自分の頭皮・毛髪に最適な治療を受けるために知っておきたいこと

AGA治療の費用を抑えるために

レーシック、美容整形、ED治療などと同様にAGAの治療は自由診療になっています。

実費をその都度支払うため、治療費用は高度治療や先端医療を受けるほどに高額になるという面があります。

AGAは一度や二度の治療で劇的な変化がみられるわけではないので、治療期間が長引くほどに治療費用負担は増えていくことになります。

結論から言えば、AGA治療を治療費用だけで考えると、AGA専門クリニック、一般病院、通販でAGAの薬を入手するという順に治療費用は安くなります。

それぞれにメリット、デメリットがあるので、必ずしも治療費用だけで決断することは難しい面もあります。

※気になるニュース・・・毛髪の根元構造もくっきり!MRIで脱毛を“見える化”:医療:日経デジタルヘルス

AGA専門クリニックは、費用は自由診療で高額になりがちですが、同時にクオリティの高い治療を受けることができるでしょう。

通院頻度は週に1、2回になります。

一般病院では限られた治療アプローチですが、費用は専門医に比較して安価になります。

通院はそれほど頻繁にはなりません。

二つの医療機関の一番大きな治療アプローチの違いは、AGA専門クリニックでは頭皮・毛髪ともに改善を目標に治療が進められますが、一般病棟では現状維持を目的に治療を行います。

どちらの治療結果を求めているかによって、医療機関選択のヒントになると思います。

インターネットなどを用いた治療薬の通販は、間に医療機関を挟まないという点で、コストは低く抑えられます。

デメリットの最大のものは、医師による専門的な処方がない点でしょう。

自分の頭皮・毛髪の状態にあった薬がわからなければ、通販で最適な薬を購入するのは難しくなります。