AGA治療には二つの治療アプローチがある

治療費用が手ごろなのは一般病院。AGA専門クリニックでは最先端の治療アプローチで個別のカウンセリングを受けることができる。

AGA治療には二つの治療アプローチがある

AGAの治療というのは、基本的には自由診療ということになります。

自由診療というのは、検査から投薬に到るまで、全てにおいて保険外診療になります。

保険外診療というのは、治療費用に関しては一定の金額の基準などはなく、医療機関ごとに治療費用を決定することになります。

ある専門医では他の医療機関に比較して、治療費用が高額になることも当然あり得ます。

一般的に、AGAを専門に扱うクリニックを一般の病院とで比較した場合、AGAの治療費用は専門医の方が高額になりがちです。

専門医ですから、AGAに特化した細かな検査、治療、個別のカウンセリングなどが行われ、その分治療費用が割高になってしまいます。

場合によっては、2倍程度の費用の差が出るケースも少なくありません。

一般の病院では、問診からのプロペシアの処方という治療アプローチが大多数で、AGAの治療として細かく個別にカウンセリングを行ったり、マイクロスコープなどを使った頭部の詳細な治療や、処方薬の選択肢などはないことが多いです。

このあたりの治療費用の違いと、治療アプローチの違いを納得した上で、医療機関選択の理由にするというのがベストでしょう。

治療費用の差額から医療機関を選ぶか、丁寧で個別の治療のパーソナルなタッチを積極的に選択するかは、すべて治療を受ける側に選択権があるということです。

治療費用を選択肢の一番の優先順位と考える場合には、一般の病院へ通うのがおすすめです。

専門的で最新鋭の治療アプローチを考えるなら、AGAの専門クリニックを選び、個別で丁寧なアプローチを受けるというのが、現在のAGA治療の選択肢です。