キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 AGAの治療で使用される治療薬 : AGA治療費スペシャルサポート

AGAの治療で使用される治療薬

個人差が大きいAGA治療。選択肢の多さは、使用する医薬品の選択でも治療費用が大きく違ってくる。

AGAの治療で使用される治療薬

AGAの治療費用は、治療の内容によってコストが変化します。

たとえば、AGAの治療薬として有名なのはプロペシアですが、これは1カ月で1万円前後のコストがかかります。

一方で話題になっているジェネリックの同様のお薬にはさまざまな薬があります。

エフぺシア、フィンペシア、フィンカー、フィナロ、フィナバルドといった後発医薬品の費用は4分の一程度のコストで抑えられます。

頭部に直接塗るタイプのお薬の処方もあります。

こちらで良く聞かれる薬の名前としてはミノキシジルというものがあります。

ミノキシジルは成分の名前です。

細胞活性化の働きがある成分として知られています。

人気の高い塗り薬にはリアップやロゲインです。

リアップはロゲインよりも高価で、3倍近くの価格の違いがあります。

注射の治療では、ミノキシジルだけでなく、フィナステリドなどをベースに、さまざまな美白成分やエイジングケア成分を直接頭に注射します。

AGA専門クリニックでは、プラセンタエキスなども混合させたものを使用することが多いです。

注射にかかる治療費用は1回ごとに支払をします。

高額になりますが人気の高い治療です。

注射はアレルギーを含む副作用に考慮したHARG治療では、さらにコストが高くなりますが、安心して受けることができると人気があります。

治療費とは少しズレますが、最先端アプローチとして人気が高いのは植毛です。

1本いくらで費用がかかるのですが、これは植毛エリアの大きさに比例して高額になります。

個別にカウンセリングを受けて見積もりを出してもらうことが大切でしょう。

AGA治療は個人の頭髪の状態や、どの程度の治療を求めるかによっても治療費用は大きく変化しますから、予算を立てて行うことが難しいのも現実です。

最初に自分はどの程度の治療を望むのか、それに際してかかる治療費用はどの程度なのかを知っておくのが大切です。